2015年02月06日

チーズ職人・竹内雄一郎さん 〜「蒜山物語 ホームスパンとおいしい時間」展に向けて1〜

〜「蒜山物語 ホームスパンとおいしい時間」展に向けて1〜

連載初回はチーズ職人・竹内雄一郎さんの紹介です。

03IMG_0189.jpg
竹内さんは、日本で唯一の羊のリコッタチーズの作り手。
正確にいうと羊と山羊の乳で作るリコッタです。
岡山県の北部、蒜山高原で羊と山羊を飼いながら、その乳でチーズを作り、
併設のカフェでピッツアやパスタ、デザートにして提供されています。

04IMG_9644.jpg

リコッタチーズというのはチーズを作った後に残る乳精(ホエー)にミルクと塩を足し加熱して固まったものをザルでふわっとすくい上げたもの。日本のおぼろ豆腐みたいな感じといえば、分かるでしょうか。
正式にはリコッタフレスカ。イタリアではこれを羊と山羊のミルクで作るんだそうです。
牛乳のリコッタと比べて、独特の風味とコク、甘みがありました。

05IMG_9655.jpg

この羊と山羊のリコッタに魅せられて、チーズ職人になった竹内さん。
イタリアの修行時代と同じ製法で作っているそうです。

06IMG_9864.jpg

羊の飼育を始めて今年で5年。少しずつ飼育数を増やし、昨年からやっとリコッタが作れるくらいの乳量が絞れるようになったそうです。
それでも羊5頭・山羊5頭で採れるミルクは1日15リットル。
製品のリコッタにするとまだ6個程度と貴重です。

02IMG_9603.jpg

次回はメインの羊ちゃんたちから紹介をしましょう。

posted by シンドウヨシコ at 13:11| Comment(0) | 展示会つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。