2013年10月29日

今年の羊たち〜2014〜

お待たせしました!
今年もコースター&ポットマットの生地が仕上がりました。
今年の羊たちはこちら↓

IMG_2518.jpg

どれも定番の色とデザインなのですが、使用している羊が今年は違うのです。

IMG_2494.jpg
まず、今年の焦げ茶は英国シェットランド島の羊、シェットランドです。
シェットランド島は北大西洋の強風の影響で島にはほとんど牧草がないため、羊は海藻を食べるのだそうです。シェットランド羊毛はフェアアイルセーターで有名ですね(フェアアイルとはシェットランド諸島南のフェア島で編まれるニット・ウエアとその柄の事です)。

ホームスパンでも、シェットランドの極細の羊毛はマフラーにできます。オーストラリアのメリノやポロアスよりも膨らみがあるので、好んで使われる作家さんは多いです。ただし切れ毛になることが多く、質の良い極細の羊毛を手に入れることは至難の技で、なかなか難しいようです。

今回の生地に使ったものはかなり太めの毛のシェットランド。色は黒に近い濃い焦げ茶です。仕上げてみた感じは、しっかりサラッとした感じでしょうか。昨年までのブラックウエリッシュマウンテンと比べてみるのも面白いですね。(この羊毛はたまたま手に入った一頭だったので、今回分のみになります)


IMG_2501.jpg
人気のグレーは、今年は北海道産の雑種の羊です。サフォークとチェビオットの雑種です。羊まるごと研究所さんところの羊です。ハードウィックのバリっとした手触りのあの個性はありませんが、サフォークの血が入っているので弾力はあるし仕上げた感じもなかなかいいです♪とっても質の良い羊毛だったので、もちろん色もきれいですよ。

ここで、なぜ雑種なのかを書いておかないといけませんね。国内産の羊はまず絶対的な頭数が少ないのです。昔は羊肉を食べる習慣もなかったですし(今もさほどないですね)、毛織物が本格的に入って来たのも明治時代の軍服からです。それでも戦前は岡山辺りでも農家では羊を一家に一頭くらい飼っていた時期がありました(たぶんコリデール種ではないかと推測)。一年に一度、毛刈りをし、刈り取った毛は業者が回収に来て毛糸と交換してくれたそうです。

さて、今の北海道産の羊ですが、主にラム肉のための羊で、サフォーク種やサウスダウン種がメインのようです。その掛け合わせ用にチェビオットなどの品種が飼われているそうなのです。そのため純粋チェビオットの羊毛はごく少なく、雑種が多くなるんだそうです。

そういえば、この「羊まるごと研究所」さんの真っ黒なチェビオット羊毛を以前、送ってもらったことがあり、大きなストールに織り上げたものもありますよ。こちら↓
IMG_3372.jpg
これだけ黒に近いのは珍しいらしいです。来月のよこぐもさんでの展示会に出せたら、出してみますね(まだ分かりませんが)。


IMG_2495.jpg
続いてオーストラリア産のコリデールです。普通はマフラーに使う細めの羊毛なので薄手ですが、仕上がりはもっちりとして薄いながら弾力があるのが特徴です。本当に素敵な感じのむちっとした生地に仕上がってくれました。


IMG_2500.jpg
続いてはゴットランドです。たて糸にはサフォーク種の白を使い、よこ糸にゴッドランドを使っています。ゴッドランドは縮みにくく、サフォークは縮みやすい性質なので、仕上げると表面が少し面白い模様になります。もちろん服地ではこういう斜行線を出すことは禁じ手ですが、コースターやポットマットなら、ユニークな模様として楽しめるかなと思っています。


IMG_2504.jpg

IMG_2506.jpg
最後はマンクスの2種です。今年も国内産のマンクスです。岐阜県の牧場から送ってもらいました。濃い色のマンクスしか手に入らなかったので、英国産チェビオットの白を混ぜてベージュに近い明るめの色合いにしています。それでもマンクスの甘茶は独特の色合いですね。


以上です。
11月から順次出荷の予定です。
どうぞ今シーズンもよろしくお願いしますね。



posted by シンドウヨシコ at 11:59| Comment(0) | ホームスパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする